coniferous forest ~阿寒の森から~

私の大好きな阿寒国立公園の魅力をお伝えします

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雌阿寒岳

先に紹介しました雄阿寒岳と夫婦山になります。

雌阿寒岳(マチネシリ・女の山)です。

標高は1499mで、雄阿寒岳より少し高いですが、

山容はなだらかで、登りやすいです。




登山コースは3つあり、

オンネトーキャンプ場からのコース、

野中温泉からのコース、

阿寒湖半からのコースがあります。

どのコースもそれぞれに良いところがあり、

どこがよいとは言えませんが、

私は阿寒湖畔コースが特に好きです。

人が少なくて静かな登山が楽しめます。

笹原を抜けて徐々に標高が上がってくると、

2008.07 剣が峰方向

剣が峰が見えます。

このあたりから笹からアカエゾマツ、ハイマツと変わってきた景色が火山らしくなり、

変わった形の岩が出てきたり、

火山れきを歩いたり、

この世に自分たったひとり…

というような気分になります。

山頂への最後の登りがこのコースで1番きつい登りですが、

そう長くはありません。

火山れきの斜面は滑りやすいので足元はしっかりしたものにしましょう。

野中温泉からのコースは鬱蒼としたアカエゾマツの森から始まります。

見事な純林です。

木の根が露出した地表が階段状になっています。

早くも2合目でハイマツが現れ、

4合目で一旦視界も開け、森林限界を越えます。

5合目からはオンネトーが見えます。

2008.11 オンネトー


火口壁を辿る時は滑りやすいので注意です。

_2008.07 山頂から

山頂からみた雄阿寒岳、阿寒湖、中マチネシリ火口。

2007.09.29 雌阿寒山頂から雄阿寒方向

青沼

2008.07 青沼

阿寒富士

2007.09.29 阿寒富士

阿寒富士はオンネトーコース8合目から分岐があります。

火山灰でとても歩きにくく、滑ります。

オンネトーコースは階段から始まるので私は苦手なのですが、

野中温泉から登り、オンネトーに下りて遊歩道を1時間歩いて野中温泉に戻る…

というコースが楽しいかなと思います。

雌阿寒岳は裏切らない…

晴れでも、雨でも、風でも、霧でも、

不思議と楽しい山登りができます。

晴れの日が1番ではありますが…

ただ、火山なので霧が濃いと迷いやすいので、

手軽に登れるからといって安易に考えてはいけません。

多少の差はありますが、

どのコースも3時間かからずに登れ、2時間ほどで下山できます。

初めての山にちょうどよく、

土日なら人も多いです。

子供連れでも楽しく登れます。

活火山なので、登山禁止になることもあります。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

はじめまして。
『キラリ館ブログキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。
  • posted by 『キラリ館』 
  • URL 
  • 2012.04/29 08:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

『キラリ館ブログキング』様 

はじめまして。
訪問させていただきます。
  • posted by Conifer 
  • URL 
  • 2012.04/29 08:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント:投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。