coniferous forest ~阿寒の森から~

私の大好きな阿寒国立公園の魅力をお伝えします

Archive [2012年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

野中温泉別館

雌阿寒岳の麓にある温泉といえばやっぱり“野中温泉”だと思うのです。雌阿寒岳の麓にある温泉は3つ。“野中温泉別館”と“野中温泉ユースホステル”と“景福”です。ユースは現在日帰り入浴だけの営業、景福は冬季は休業です。実はほかの2施設に私は行ったことがありません。野中温泉別館がお気に入りすぎてまったく行ってみる気になれないからです。...

雌阿寒岳

先に紹介しました雄阿寒岳と夫婦山になります。雌阿寒岳(マチネシリ・女の山)です。標高は1499mで、雄阿寒岳より少し高いですが、山容はなだらかで、登りやすいです。...

雄阿寒岳

標高1370.5メートル。アイヌ語ではピンネシリ(男の山)です。北海道内にはいくつかのマチネシリ(女の山)とピンネシリがあります。旧道のオクルシベコースは今は廃道になっているので、太郎湖・次郎湖の淵を辿る滝口コースが登山コースとしてあります。...

阿寒横断道路

阿寒湖畔から弟子屈へ向う国道241号線を阿寒横断道路と呼んでいます。道路は道幅、整備状況とも問題ないですが、曲がりくねった道なので、積雪期や凍結には注意です。この道路途中には“双湖台”と“双岳台”のパーキングがあります。双湖台からはペンケトー・パンケトーの一部が見ることが出来ますが、その全貌を眺めるには雄阿寒岳登山が1番です。双岳台からは雄阿寒岳とその左後方に寄り添うように佇む雌阿寒岳が見られます。雄...

オンネトー

アイヌ語の【オンネ・トー】、“老いたる・湖”に由来する、エメラルドグリーンに輝く神秘的な湖です。雌阿寒岳の麓にありますが、ここは足寄郡足寄町です。周囲は約4㎞、車道が通じているので12月下旬頃から4月中旬までの冬季通行止めの時期でなければ車で訪れることが出来ます。湖が近づくにつれ道は細くなり、退避スペースを利用しなければ交差することが出来ないので、運転は慎重に。雌阿寒岳登山口近くから、オンネトーへ通じ...

阿寒国立公園ってどんなとこ?

阿寒国立公園…?それってどこ?北海道の人ならもちろんご存知でしょうが、道外の人はあんまりわからないかもしれません。北海道の東側、道東と言われているところの真ん中にあります。まりもで有名な阿寒湖があります。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。